CFSC ジャパン公式サイト

CFSCジャパン事務局

いよいよ日本でもスタート!最先端のファンクショナル・トレーニングのコーチ認定コース

  • CFSC認定コースとは? What is CFSC?

    ファンクショナルトレーニングの第一人者マイク・ボイル氏が創設した新しいファンクショナル・ストレングス・トレーニングの認定コース。
    2014年夏にアメリカで創設され、アメリカのトレーニング&フィットネス業界で大きなブームとなり、最新の認定資格。米国を中心に世界30ヵ国6500人以上の認定者を輩出。マイク・ボイル氏が自身の経営するジム「MBSC (Mike Boyle Strength & Conditioning)」で実践していること、MBSCのスタッフが実践していることを体系的、実践的に学ぶことができる。

    CFSCの特徴 / REAL. PRACTICAL. EDUCATION.

    • 1【実践的なコーチ認定コース / Practical Education】「筆記オンライン試験」だけでなく、実技セミナーと「実技試験」を設定することで、現場ですぐに活かせる、より実践的な資格となっている。
    • 2【MBSCのフィロソフィーを体系化 / Learning MBSC Philosphy】マイク・ボイル氏自身が経営するジム「MBSC」でのフィロソフィー(哲学・考え方)を体系化した。米国Men’s Health誌に全米No.1Gymとして評価されている。
    • 3【コーチングスキルに重点 / Learn Coaching & Queuing】どのように声を掛けるか?どのように対処すべきか?現場で使えるコーチングにも重点を置いている。
    • 4【Web学習と集合セミナーをリンクした効率的なカリキュラム】Webを通じた事前学習と「筆記オンライン試験」を組み合わせることで、集合して行うセミナーは1日8時間とコンパクトながら、より多くの情報共有とその実践が可能になっている。

    CFSCをお薦めする理由

    • 1 現場で使えるトレーニング指導とコーチングのノウハウが学べる。
    • 2 ベーシックなファンクショナルストレングストレーニングが効率的に学べる。
    • 3 日本を代表する一流コーチによる実技セミナー。講師:友岡和彦 谷佳織 弘田雄士 齊藤 邦秀 澤田 勝 永島 樹 トラビス・ジョンソン
    • 4 CFSC発祥の地で本部があるアメリカと、ほぼ同額で日本で学べる!
    • 5 認定証は、アメリカのCFSC本部(MBSC)が発行。

    受講者VOICE 大貫 崇 さん

    プロフィール

    タウソン大学運動学部アスレティックトレーニング学科を卒業後、2006年にフロリダ大学大学院で応用運動生理学の修士号を取得。その後MLBテキサスレンジャースのインターン、NBA D-Leagueのフォートワース・フライヤーズで勤務。理学療法クリニックにおいてニューヨークやテキサスで計5年間勤務したのち、マイナーリーグアスレティックトレーナーとしてMLBアリゾナ・ダイアモンドバックスと契約。2013年に帰国後、呼吸を中心としたトレーニングで健康寿命の延伸やアスリートのパフォーマンス向上を研鑽する傍ら、投球ビデオ分析による野球障害予防とコンディショニングに注力している。2015年9月よりPRIジャパン教育コーディネーター、2016年1月にPRT(Postural Restoration Trained)の資格認定を受ける。2017年1月より大阪大学大学院医学系研究科スポーツ医学教室にて特任研究員として所属。

    CFSCジャパン公式Facebook

    実技セミナー当日の様子(アメリカ-MBSCにて)

    マイク・ボイル氏紹介
    Michael Boyle

    マイク・ボイル氏 Michael Boyle

    スポーツパフォーマンス分野のトレーニングに30年以上携わり、ファンクショナルトレーニングの第1人者として輝き続けている。代表チームやプロチームなどトップアスリートを長年指導し、ボイル氏自身の経営するジム「MBSC」は、米国人気誌「Men's Health」誌にから、2度、「全米No.1ジム」に選出されている。近年では、2013年までMLBボストンレッドソックスのストレングス&コンディショニングを統括していた。米国マサチューセッツ州在住。

    【ストレングス&コンディショニングコーチとしての経歴】

    • MLB ボストン レッドソックス (2013 World Champion)
    • NHL ボストン ブルーインズ / ボストン ブレイカーズ / ニューイングランドレボリューションズ
    • 米国サッカー女子代表チーム
    • 米国アイスホッケー代表チーム

    マイク・ボイルからのメッセージ